ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
更新情報
メインメニュー

エンジン anchor.png Edit

  • エンジンから出ているホースの先にスポンジをかぶせ、泥が直接ホースにかからないようにしてホースが詰まるのを防ぐ。(チョット変えたけど、2行になってしまったヨ、いいのかな>pirafuさん)
    • エンストからの再始動に有効です(ゲストさん)
  • キャブレターのベントチューブの片方をエアクリーナーへ(水没対策と同様)
  • ラジエータのルーバー(導風板)にパンストをかぶせる
  • アンダーガード、チェンジペダル、エンジンマウント等の透き間にスポンジを詰め込む(安物で可)
  • エンジンに負荷が掛かるため、混合気は気持ち濃いめ
Page Top

外装 anchor.png Edit

  • CRC 5-56を予め泥の付きそうなところ(フェンダーの内側とかエキパイ)に プシューッとかけておくと、泥が付きにくくなるそうです。
    • YAMAHAのME-Rマッドプルーフがおすすめ(洗車のときに泥がすぐ落ちる)
    • タイヤトレッド面、ホイールリム、ハブに吹きつけるのも効果的(ブレーキに掛からないように)
  • フェンダー裏にガムテープを ┬┬┬┬┬ のように加工した物を張りつける
  • チェーンは少し緩めに張っておく
  • チェーンカバーが付いている物は付けておいた方が良い
    • タイヤで巻き上げられた泥がチェーンで運ばれてスプロケットに詰まるため
  • スプロケットカバーの前側のボルトを外しておくと泥はけがよい(KTM限定)
  • グリップに薄いスポンジを巻きつけると泥が付いても滑らない
Page Top

走行テク anchor.png Edit

  • 落ちてるバイクはグリップする
    • 「いやぁ、バイクってグリップするねぇ!!」(by ふなっちょ)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 1923, today: 2, yesterday: 0
最終更新: 2008-03-12 (水) 21:42:19 (JST) (3335d) by dirtjapan
プライバシーポリシー: cookieおよびウェブビーコンによるユーザ情報の保管を行っています。サイトの表示に関わるものにのみ使用します。
gear ratio calculator for cars/motorcycles.  gear ratio calculator for bicycles.