ダートカレンダー
前月2018年 9月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
  ホーム >> RSSセンター >> No-Toilフィルターオイルについて

RSSセンター

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link MC GEAR店長日記 MC GEAR店長日記 (2018-9-25 23:40:03)

feed No-Toilフィルターオイルについて (2018-7-4 17:46:02)
扱いやすくてメンテナンスのサイクルが延び延びにならなくて済みますよ!
なんて話ばかりしているNo-Toilですが、よくご質問いただくのがフィルターオイルのレッドとグリーンの違いです。

foil01[1] foil02[1]
内容量も同じなのに色の違いで300円ほどレッドの方が高いというエアフィルターオイル。
唯一の違いは乾燥する時間です。

?それだけ?
そうそれだけなんです。
構成する成分は同じですが、希釈しているのが水溶性か油性かの違いだけです。
乾いてしまえば性能に差はありません。洗う時も同じクレンザーで、どちらも生活排水として流せるので扱いが簡単です。

■レッド
グリーンが12時間以上の乾燥時間を要するのに対してレッドは15分ほどで乾くので忙しい人やレース会場で洗わなければならなくなった時には便利です。揮発性の溶剤で延ばしているので若干の刺激臭がありますが乾けばグリーンと同じ性能を発揮します。
速乾なのでムラにならないように手早く塗り伸ばしてください。

■グリーン
ゆっくり乾くグリーンはクリーナーエレメントに染み込ませた後にじんわりと延びるのでムラが出来づらいのも特徴です。
また余分なオイルが垂れて落ちてくれるので適正なオイルを塗布することが出来ます。溶剤と成分が分離しやすいので作業前に振ってよく混ぜるのがコツです。

そんな感じで同じ様なフィルターオイルですので、使用環境を考えてチョイスしてください。
ちなみに価格差は揮発性の高いレッドは特殊なパッケージで送られてくるために輸送コストがグリーンより掛かるためだそうです。
グリーンの方が徳な気がしてきますよね。

No-Toilについてはこちらをご覧ください。>>>


execution time : 0.151 sec
プライバシーポリシー: cookieおよびウェブビーコンによるユーザ情報の保管を行っています。サイトの表示に関わるものにのみ使用します。
gear ratio calculator for cars/motorcycles.  gear ratio calculator for bicycles.