ダートカレンダー
前月2018年 6月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
  ホーム >> RSSセンター >> 東日本エンデューロシリーズ#3 山梨大会 エントリーについて

RSSセンター

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link MC GEAR店長日記 MC GEAR店長日記 (2018-6-19 13:40:02)

feed 東日本エンデューロシリーズ#3 山梨大会 エントリーについて (2018-6-12 23:58:19)
7月8日に開催予定の東日本エンデューロ選手権 #3クロスパーク勝沼のナショナルクラスのエントリーは15日までです。

ここ数戦を見ると承認クラス(もしくはそれに相当する)のエントリーが少ないのですが、これが昨年ほとんどの大会で承認クラスが開催されなかったためなのかエントリーがナショナルクラスと時差を設けているために分かりづらいからか判断に苦しむところです。

とりあえず現時点ではMFJのエンデューロライセンスが必要なナショナルクラスの受付中です。
そしてMFJエンジョイライセンスで参加可能な承認クラスは6月16日から翌週の金曜(6月22日)までです。

東日本エンデューロ選手権第1戦の日野カントリーオフロードランドでは承認クラスは募集されませんでしたが、代わりにLitesが開催されました。私はこれのLitesに参加したのですがナショナルクラスに比べるとボリュームも少なくて少々物足りないものでした。LITESと比べるのは無理があるかも知れませんが、今のMFJエンデューロは競技者の幅が広いこともあってスタックによる渋滞などを避けるために比較的難易度の低いコース設定になっているようです。ですから地方選手権とは言えMFJのエンデューロなんだから難しいだろうとか大変だろうという色眼鏡で見ずに多少走れるようになったら参加しても良いと思います。色々刺激も受けるので承認クラスにこだわる必要は無いんじゃないでしょうか。
ルールが難しいという話も聞きますが、ルールがあるからこそ面白い競技はたくさんあります。というかほとんどがそうでしょう。
特に承認クラスとナショナルクラスのエントリーフィーはほとんど変わらないか変わっても若干です。各会場のポテンシャルを満喫できるナショナルクラスへのエントリーも是非考えてみてください!

東日本エンデューロ選手権 山梨大会の詳細はクロスパーク勝沼さんのサイトをご覧ください。>>>>



execution time : 0.105 sec
プライバシーポリシー: cookieおよびウェブビーコンによるユーザ情報の保管を行っています。サイトの表示に関わるものにのみ使用します。
gear ratio calculator for cars/motorcycles.  gear ratio calculator for bicycles.