ダートカレンダー
前月2018年 8月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
  ホーム >> RSSセンター >> ビードバディーは便利ですよ。

RSSセンター

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link MC GEAR店長日記 MC GEAR店長日記 (2018-8-14 22:10:02)

feed ビードバディーは便利ですよ。 (2018-6-7 2:34:34)
会場で色々な方とお話をしていると意外な物を知らなかったり誤解していたりというのはよくある話なのですが、オフロードライダー(特にレース参戦をする人)とは切っても切れないタイヤ交換についてはお店側としても情報をもっと発信すべきだと思うことがしばしばです。

08-0471_tana[1]
例えばこのビードバディー。
これはタイヤをはめる時にビードが戻ってこないように押さえるアイテムです。
使い方は最後に動画を貼り付けていますのでそちらをご覧いただくとして、これが何故有用なのかということからご説明します。

08-0471alt1_2_[1]
タイヤ交換の際にタイヤレバーではめていくと一番最初に入れた部分が戻って(外れて)しまい無限地獄に陥ったことはありませんか?地面で作業する場合は膝などで押さえるのですが、そうすると上手く力が入らなかったりしてつい浮かした膝からビードが戻っていくなんて経験をした方も居るんじゃないでしょうか。そういった時にこれがあると一番力の入るポジションでタイヤレバーを操作出来るので確実ですし、チューブ噛みのリスクも少なくなります。

また作業テーブルの上や腰の高さで作業するタイヤ交換台などの場合は膝を使えないのでこのビードバディーが必須になります。
歳喰うと地面で作業するのって腰にくるんですよね。(汗)

ビードバディー2についてはこちらをご覧ください。>>>>


これはモーションプロのサイトにも掲載されているタイヤ交換の手本動画です。
このような腰の高さの交換台で作業する場合は最早必須アイテムですね。
それにしても簡単にやってるけど、素人がやるとこんな風にはいかないんですよね。(涙)

ところで動画の中で新しいタイヤを組む際にパウダーをタイヤ内に振り掛けていますが、これって結構昔からあるテクニックでチューブの滑りを良くしてタイヤとの摩擦を減らす効果が期待できます。ベビーパウダーやシッカロール(製品名)を使うと良いでしょう。
使用したチューブの表面にゴムのダマが付いている場合はこういった物で摩擦を減らすと無用なチューブトラブルを回避出来る*かも*知れません。


execution time : 0.118 sec
プライバシーポリシー: cookieおよびウェブビーコンによるユーザ情報の保管を行っています。サイトの表示に関わるものにのみ使用します。
gear ratio calculator for cars/motorcycles.  gear ratio calculator for bicycles.