ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
トップ  >  ツール  >  トレーニングデータ計算

トレーニング用の参考データ
基礎体力のトレーニングのために、年齢、身長、体重から消費カロリーや運動時の心拍数の目安の参考値を表示するスクリプトです。
自転車、ランニング、トライアスロン:-Pなどに
自転車用ギア比計算はこちら

性別 年齢
生活強度 *1
身長(cm) 体重(Kg)
安静時心拍数*2 実測最大心拍数(任意)
レース時間*3 レース強度*4
メッツ値

直接入力
 

基礎代謝(Kcal/day) 消費カロリー(Kcal/day) 体表面積(m^2)*5
BMI*6   低体重(18.5) 標準体重(22) 肥満(25) 高度肥満(30)
心拍数*7 最大: : 最大有酸素
(〜85%)
乳酸閾値
(85%〜80%)
有酸素
(80%〜70%)
LSD*10
(70%〜65%)
ゼロピーク法*8 - - - -
カルボーネン法*9 - - - -
レース時の消費カロリー

*1 生活強度:生活活動強度とも言う。1.1〜1.9を基礎代謝に掛けることで、日常の一日の消費カロリーの目安とする

*2 安静時心拍数: 起床時など、何もしていない安静時の心拍数。一般に60ほどだが、有酸素運動を続けていると一般人でも40くらいに下がることも珍しくない。

*3 レース時間: エンデューロなら3時間とか。適当なのが無ければ、10分とか1時間から掛け算してください(^^;

*4 METS値を参考に。あくまで主観による値です

*5 体表面積。BSA(藤本)式=88.83*T^0.663*W^0.444。他に、BSA(Du Bois)式の71.84*T^0.725*W^0.425などがある。クスリの投与量に使用する。

*6 BMI: Body Mass Index. 22が標準で18.5〜25が標準範囲。それを超えるとそれぞれ痩せすぎや肥満となる。

*7 心拍数: 心拍数を幾つかのエリアに分けたものを、ターゲットゾーンという。
LSD領域では、Long Slow Distance、長時間、ゆっくり、長距離を心がけこの心拍域での運動を続けることで、毛細血管の発達を図り、有酸素運動のベースとなる力をつけることが大事。

*8 ゼロピーク法: 単純に最大心拍数からの割合として、ターゲットゾーンを決める。計算しやすい。

*9 カルボーネン法: (最大-安静時)*ゾーン+安静時 とする。ゼロピーク法での85%が1時間以上保てるようならこちらで。

*10 最大有酸素tr: 無酸素運動に近い領域。インターバルなどで瞬発力を上げる
乳酸閾値tr: 身体がキツくなる乳酸閾値を上げる。
有酸素tr: 長距離を中断せずに。有酸素運動能力向上
LSD tr:長時間長距離できる全くキツくない運動。中断せずに数時間続けることで、毛細血管を発達させる。



投票数:312 平均点:4.87
前
自転車ギア比 速度-ケイデンス計算ツール
カテゴリートップ
ツール
次
英単語学習クイズ

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

dirtjapan  投稿日時 2008-11-15 22:09 | 最終変更
手っ取り早く、心拍数やBMIの基準値を計算するスクリプトを作ってみました。

トレーニングデータ計算

とりあえず基礎代謝と消費カロリーくらいしか目安にならないかもしれませんが(笑)

とりあえずこれを基準に体重減らしましょう。。
プライバシーポリシー: cookieおよびウェブビーコンによるユーザ情報の保管を行っています。サイトの表示に関わるものにのみ使用します。
gear ratio calculator for cars/motorcycles.  gear ratio calculator for bicycles.